☆★☆*…*…*心の悩みを軽くするお役立ち無料コンテンツ一覧へ*…*…*★☆★

> 黄金のパラダイムシフトバックナンバー > 困難な状況に陥ったときの自分との向き合い方(2)

困難な状況に陥ったときの自分との向き合い方(2)

どうしたらいい結果を得られるのでしょうか?

物事や、対人関係を良い結果にするために有効な方法があります。

◎ 解決するには何が問題か意識することが大事。

◎ どういう風に解決したいのか認識する。

◎ 解決したい優先順位を決める

◎ その問題が解決したとき自分はどう変化するのか?

◎ その問題が解決したときまわりはどう変化するのか?

◎ よい結果にしたいと思いながら行動に移せないのは何故か?

◎ 何が障害になっているのか把握する。

◎ 満足する結果とは自分にとってどんなことか考える


この方法をとると問題のあぶり出しが出来て、

しかも明確に答えが出てきます。


本当の意味での精神の強さを作りたいなら、

克服していくことです。

人はとても強い面と、とても弱い面を持ち合わせています。

弱い面を強い面がカバーして、

バランスをとっている間は良いのですが、

余りにも、強弱の差が激しいと

弱い面がネックとなって

人間性がボロボロと崩れてしまうことがあります。

せっかく積み上げたのに

自分のネックとなる性格で崩してしまう、

またがんばって積み上げる。

自分の弱い部分で崩してしまう。

まるで積きくずしですね。


だったら、その弱い部分を補強して

強度を増す努力をしたほうが

どれだけ損失が少なくなるか、

一生のことを考えると計り知れません。

そこで、ちょっとつらいですが

自分の弱いところを見てみましょう。


人間生きていれば辛いこと、

悲しいことは一杯出てきます。

でも困難な状況が生じたときは

自分にとってチャンスと思うことで

冷静になれます。そのときに、

☆ 自分の弱さを見つめさせられる。

☆ どこが自分の弱さかを自覚させられる

☆ 克服するにはどうしていくか

☆ 現実から目をそらさない、しっかり見つめること

☆ 目標や問題に対して意識を持つ


目標や問題に対して意識があるかないかで結果が違ってきます。

意識というのはどういうことなのか調べてみましょう。

意識とは、認識し、思考する心の働き

感覚的知覚に対して、純粋に内面的な精神活動

平たく言えば、自分が今何をしているか、

どういう状況に置かれているのか、

自分ではっきりわかる心の状態とあります。


大事なのは意識を強く持つということ。

自分が今何をしているのか、

どういう状況に置かれているのか

しっかり認識すると、

次は何をしなければならないか分かってくるのです。

次の行動に移るそのときに、

意識を強く持つと潜在能力を引き出します。

俗に言う【火事場の馬鹿力】と言われるように、

とんでもない力を発揮することが出来るのです。


解決できない問題はないと思います。

解決出来ないのは解決できるところまで進んでいないだけです。



本当に解決したいと思うのなら

【あきらめないこと、耐える力をつくる】

【どこまでできるか試す】

【見て見ぬふりはしない】

【いいとこどりはしない】

【必ず解決するという強い信念を持つ】


信念とは相手の心に響かせて納得させる力です。

決して力づくで、権威で解決することではありません。

信念で解決できたものには感動があります。

周りの賞賛を受けることができます。

それこそが喜びであり成長です。


ですから、頑張らなくてもいいことと、

頑張らないといけないことを

振り分ける力が要るということです。

それを精神力といいます。

精神力とは解決する力です。


ポイントは、解決するために勇気を持つ  

自分で責任を取る勇気

解決する勇気を持つことです