☆★☆*…*…*心の悩みを軽くするお役立ち無料コンテンツ一覧へ*…*…*★☆★

> 黄金のパラダイムシフトバックナンバー > 感謝の心と幸せの関係

感謝の心と幸せとの関係

いい結果が出たとき「お陰様でこうなりました!

ありがとうございました!」と思わず感謝の言葉が飛び出します。

感謝の心、誰に感謝しますか?

☆ 一番先に喜びの声を届けたい人は誰ですか?

☆ どんなことに感謝しますか?

☆ どんな風に感謝しますか?

☆ 感謝の程度はどのくらいですか?


紙に書いてみましょう。

視覚からくる情報は人間の脳によくインプットされます。

紙に書くと鮮明になるので、あなたの感謝の質と量が見えてきます。


心に余裕があるときの感謝と、心に余裕がないときの感謝ではどう違いがありますか?

感謝の心の実践を書いて見ましょう。

感謝することが苦手な人がいます。

なぜ感謝したくないのか自分の心に問いかけてみましょう。

感謝したくない理由がわかったとき、そんなときはどうしますか?

紙に書いてみましょう。


人間は自分が幸せなとき心に余裕があって、人の幸せもそう苦痛なく受け入れることができますが、

でも自分が不幸せで、苦しくて辛いとき人の顔さえ見たくないとき、他人の幸せは聞きたくありません。

それどころかどうして自分ばかりがと恨み言が出てしまいます。   

そんな時、どうしますか?ひがみ根性を出しますか?

ひがみ根性とは何でしょうか?

ひがみ根性とは自分に関係ある物事について、曲解して、自分ばかりが損な、

あるいは低い立場に立たされていると思い込んでいることです。

ひがみ根性は自分の価値を下げます。

では、ひがみ根性を持たないでやせ我慢をすることなのかと誤解しないでください。

やせ我慢というのは我慢して、無理に平気そうに見せかけることとあります。

見せかけです、俗に言うメッキです。メッキははげますね。

時間のロスです。ひがみ根性も、やせ我慢も人間にとって害です。

体によくありません。

ではどうしたらいいでしょうか?


人は人、自分は自分と割り切ると意外と楽です。

なぜかといいますと、宇宙にはリズムがあって人間にもリズムがあります。

宇宙のリズムと人間のリズムがいい状態で進むと何をやってもうまくいく、

でも、リズムがあわないときはいい結果が出にくいです。それはどういうことかといいますと、

人間のリズムとは性格が影響するからです。