☆★☆*…*…*心の悩みを軽くするお役立ち無料コンテンツ一覧へ*…*…*★☆★

> 黄金のパラダイムシフトバックナンバー > 親切の本質は何だろう

親切の本質は何だろう

意外と難しい人のため

~判断に迷ったときにどうするか~

親切にしてよかったと思えるときと、親切にしなければ良かったと思うときがあります。

親切にしてよかったと思えるときは、親切にしたほうは喜び、

親切にされたほうは感謝、

お互い喜びや感謝の気持ちが出るような親切だと気持ちが良いですね。


親切とは弱い立場にある人や、困っている人の身になって

何かをしてあげたり、優しく応対することとあります。


ちょっとした親切でも嬉しいですよね。

自分が大切にされているような気がして嬉しくなります。

元来、人は助け合って生きています。


助け合って生きているからこそ、社会が成り立ち、

不自由なく暮らしていけるわけです。

この助け合いがビジネスをうみ、

そこで仕事をする人が収入を得て、

その収入を基に生活のためや、

楽しみのために消費するわけです。


人の為になって収入が入る。これは仕事を通じての喜びです。

親切というのは無償のものを言うのでしょうか?

答えはノーです。

サービス業界のサービスは顧客の満足の度合いで対価がつきます。

サービスを提供する側が

どれだけ心を込めてサービスをするかで

会社の経営まで違ってきます。


マニュアル通りのサービスには限界があります。

思いを込め、心を込めることには限界はありません。


では、ビジネスを離れて、

自分にとって本当の親切とはどういう親切でしょうか?


貴方の中に親切の基準がありますか?

あるとすればどんな基準でしょうか?


仕事から離れていても、日常の生活の中にいても

人はいつも他人に親切にしています。


それは笑顔であったり、挨拶であったり、

気遣いであったり、利害関係がなくても

人は、サービスを提供しています。


それは何の為にそうするのでしょうか?

人に親切にすると、人から親切にしてもらえます。

だからといって親切にするわけではないのですが、

親切にしてもらった嬉しさが心に残っていますよね。


災害が起きて本当に困っているとき、

ボランティアの方々が来て、助けてもらって非常に有難かった。

今度は、別なところで災害が発生したときは、

率先して助けに行く。

人は助けてもらうと自然体として恩返しをします。

親切にはありがとうの対価がつきます。

人間の美しさです。


人間の精神の遺伝子の中には、

助け合うというのが繰り込まれているのではないかと思えるほ

ど人の為にすることを喜びとしている人は多いです。

でも、親切には人を活かす親切と、

人をつぶしてしまう親切とがあります。



そのことを次回考えてみましょう。