人間関係のことでお悩みですか?

人間関係に悩んでいたら、まず、試していただきたいことがあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■感謝には質と量が問われます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちが、生活していく上で、人との関わりは不可欠です。

人は一人で生きられない。助けたり、助けられたりしながら生きています。

助けてもらったとき、

「おかげさまで ありがとうございます。」という言葉をよく使います。
 

おかげさまで、と誰に感謝しますか?

どんなことに?

どんな風に?

感謝の程度は?

と、こうして改めて問われてみると、

「えっ!どんな風かな?」と一瞬答えに詰まります。
 

そうなんです。

感謝には質と量が問われます。

相手のために一生懸命したのに、

ただお義理でありがとうと言われても、全然うれしくないですよね。

それどころか当たり前のような受け取り方をされ、おまけに

「もうちょっと、こうしてくれたらいいのに! まったく、気が利かないんだから!」なんて、

文句まで言われると、腹が立ち、【二度としてやるもんか!】と思ってしまいます。

反対に、心からありがとうと言われると、

とても嬉しい気持ちになって、自分も笑顔、相手も笑顔です。
 

昔から『笑顔に敵なし』といわれています。

笑顔は人の気持ちを和ませてくれます。

人の笑顔を見るとほっとしますね。

人間には感受性があって、人の心の温度がわかります。

 
この人は心の温かい人、この人は冷たい人、

この人は優しい人、この人は厳しいけど思いやりのある人、

と人の心を感じることが出来ます。

ということはあなたも人から心の温度を計られているということなのです。

自分の心の温度はどのくらいでしょう。

人間関係に悩んでいたら、まず、ありがとうの質と量を学んで

内面から輝く自分を目指しましょう。

きっとあなたにいいことがありますよ。

 
* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …
  
>>>> 無料マガジンindexに戻る