☆★☆*…*…*心の悩みを軽くするお役立ち無料コンテンツ一覧へ*…*…*★☆★
> 生きる力を育むマイパワースポットバックナンバー > 「親の過干渉」を乗り越える~その1

「親の過干渉」を乗り越える~その1

ある女性が、母親に子どものころから過干渉を受け、

その後、親子で話し合いを何年も続け、

乗り越えた事例をご紹介します。

この「親の過干渉」については、数回にわたって、お送りしたいと思います。

まず、「親の過干渉」も、「虐待」といえます。

では、「虐待」とは、どのようなことを言うのでしょうか?

「虐待」とは、親や親にかわる養育者が、子どもに対して行う以下の行為をいいます

【◆身体的虐待】

>>> 児童の身体に外傷が生じ、又は生じる恐れのある暴行を加えること。

(例) たたく、ける、つねる、なぐる、激しく揺さぶる 振り回す、

噛む、しばる、水につける、火を押しつける、首を絞めるなど。


【◆性的虐待】

>>> 児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。

(例) 性的暴行、性関係の強要。ポルノの被写体など。


【◆ネグレクト(養育の拒否や放置)】

>>> 児童の心理の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置。

保護者以外の同居人によるあらゆる虐待行為の放置

その他の保護者としての監護を著しく怠ること。

(例) 食べ物やミルクを与えない、衣服をかえない、学校に行かせない、

危険な場所に放っておく、医者に見せない、家に閉じ込める、

愛人などの子への暴力を見過ごしにするなど


【◆心理的虐待】

>>> 児童に対する著しい暴言または著しく拒絶的な反応、

児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力

(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)

の身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすもの及び

これに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動をいう。)

その他の児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

(例)子供の存在を無視する、おびえさせる、暴言をあびせる、ひどい言葉でなじる、

無理じいするなど。子供のいるところで繰り返されるドメスティック・バイオレンス(DV)も。

以上、「虐待」の定義です。

「児童虐待の防止に関する法律」第2条児童虐待の定義、

特定非営利活動法人 児童虐待防止協会(APCA) 

より引用させていただきました。


「虐待」行為を踏まえていただき、次に、

過干渉の親の一般的な特徴を次に挙げたいと思います。

照らし合わせれば、まったく、「虐待」だといえます。

以下の項目の一部またはすべてに当てはまります。


【◆過干渉の親の行為】

●口答えを絶対許さない。

●言動、表情、容姿に対して、ダメだしする。暴言を吐く。

●子どものプライバシーを侵害する。(すべてを把握しようとするため)

たとえば、子どもは、その行動の一つ一つを報告しなければならない義務がある。

子どもの友達関係の干渉、恋愛関係の干渉、

また、子どもの見られたくない日記、手紙、ゴミ等をあさって見る。

●強制的に親の好みを押し付ける。

たとえば、子どもが独立するときにさえ、住むところを勝手に指定したり契約したりする。

洋服、雑貨、食器、身の回りのものすべて、親の好みを押し付ける。

子どもが買ってきたものを勝手に処分する。

●少しでも失敗すると、「だから親の言うことを聞きなさい」と、ますます過干渉になる。

●子どもが主体的に何かをすることを、過度に制限する。

たとえば、学校の行事に参加させない。街に出かけさせない。部屋に閉じ込める。

●学校の成績、進学、進路について、親の望みを押し付ける。

子どもの希望は、聞かない。

●都合の悪いこと、事態が悪いことは、すべて子どものせいにする。

●反抗したら、「こんなにあなたを愛しているのに!」、「(親の自分が)死ぬ!」とか

「人でなし!」、「親不孝!」、「育てるのにかかったお金をすべて返せ!」と

いった脅しがくる。

●あの手、この手で子どもの反抗する心(=子どもが自ら成長しようという能力)

をつぶしてくる。

●親自身の勝手な基準で形作られた「世間体」を大事にするため、

子どもの心身がぼろぼろになっていてもお構いなし。

●子どもに完璧を求める。それしか、子どもの存在価値を認めない。


もしかしたら、ほかにもあるかもしれません。

一方、親から過干渉を受けた子どもは

●赤ちゃんのときから、過干渉を受け、物心ついた時には、

すでに、その主体性を奪われている。

●何でも親が指示するため、自分でやってみることができない。

そのために、ある時、なんだかおかしいと気づき、

自分でやろう(=人として成長するための色々な経験をしよう)と

決めて、自分の思いのままに、行動してみるも、

幼少に経験済みであるはずの失敗をしてしまう。

(これは、もちろん失敗して当たり前で、責められる必要は、まったくないのであるが。)

親は、この失敗を責める。

●失敗ばかりの自分にますます、意気消沈、自己嫌悪、後悔、罪悪感で、胸がいっぱい。

●反発心はあるも、失敗経験と親の怒りに恐怖心で逆らえず、

また、巧妙に、親が逆らえないように縛ってくるため、

結局、親のいいなりにならざるを得ず、また、過干渉地獄に陥る。

●毎日毎日続く過干渉がイヤになり(=人として当然の感覚です)、

過干渉から逃れようとしても、失敗が怖くて勇気がでない。

●失敗を許されたことがないため、小さな失敗でも、深い心の傷となりやすい。

●自分がいなければ親が困る、もしくは、誰か家族が困るという状況があり、

ここで逃げたら、自分だけが助かってしまうという罪悪感にさいなまれ、

過干渉の親との縁が切れない。

●耐え切れず、精神破綻や自殺したりする。

●まともに反抗すらできない。勇気を持てない。

●成長ができない。

●すべて、親の許可や判断基準により決められるため、自分の意志が持てない。

●自己肯定感が低い。または、絶望している。

もっともっと、苦しんでる姿があるかもしれません。

そして、苦しんで悩んで、傷ついて、恐怖と戦い、

親との「絶縁」を決意する方も多いです。


もし、あなたが今、「親の過干渉」に苦しんでいるなら、それは、

憲法第十三条(※)の、「個人として尊重される」というあなたの権利が

侵害されています。

【※憲法第十三条 】

「すべて国民は、個人として尊重される。

生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、

公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

また、「日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、

すべての児童の幸福をはかるために」、「児童憲章」が制定されています。

【児童憲章】

児童は、人として尊ばれる。

児童は、社会の一員として重んぜられる。

児童は、よい環境のなかで育てられる。

一 すべての児童は、心身ともに健やかにうまれ、育てられ、その生活を保障される。

二 すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、

家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。

三 すべての児童は、適当な栄養と住居と被服が与えられ、

また、疾病と災害からまもられる。

四 すべての児童は、個性と能力に応じて教育され、社会の一員としての

責任を自主的に果たすように、みちびかれる。

五 すべての児童は、自然を愛し、科学と芸術を尊ぶように、みちびかれ、

また、道徳的心情がつちかわれる。

六 すべての児童は、就学のみちを確保され、また、十分に整った

教育の施設を用意される。

七 すべての児童は、職業指導を受ける機会が与えられる。

八 すべての児童は、その労働において、心身の発育が阻害されず、

教育を受ける機会が失われず、また、児童としての生活が

さまたげられないように、十分に保護される。

九 すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、わるい環境からまもられる。

十 すべての児童は、虐待・酷使・放任その他不当な取扱からまもられる。

あやまちをおかした児童は、適切に保護指導される。

十一 すべての児童は、身体が不自由な場合、または精神の機能が

不充分な場合に、適切な治療と教育と保護が与えられる。

十二 すべての児童は、愛とまことによって結ばれ、よい国民として

人類の平和と文化に貢献するように、みちびかれる。


いかがでしょうか?

とくに、過干渉の傾向が強いのは、父親よりも母親のようです。

もちろん、父親に過干渉を受けている方も多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、母親と、子どもの関係について、河合隼雄さんが、著書 「昔話の深層」で、

あることを述べられています。

このお話は、次回にいたします。