☆★☆*…*…*心の悩みを軽くするお役立ち無料コンテンツ一覧へ*…*…*★☆★
> 生きる力を育むマイパワースポットバックナンバー >鬼心(おにごころ)をなくす

鬼心(おにごころ)をなくす

鬼心(おにごころ)とは、鬼のように残忍な心のことです。

「いじめ」をする人の心は鬼心です。

人は、怒り、憎しみ、妬み、悲しみ、欲求不満、焦燥感、孤独感、絶望感といった、

ネガティブな不快感情を、相手に送りやすく、また受け取りやすいものです。

たとえば、あなたが、ちょっとうれしかったことを友達に聞いてほしくて、

イキイキと、その話しをしたとします。

「わぁ! よかったね♪ 」

と一緒に喜んでほしかった。

ただ、ちょっとうれしい気持ちを受け止めてほしかった。

ただ、それだけだったのに、

相手は、あなたのことをうらやましいと思い、嫉妬してしまったとします。

相手は、「そう。よかったね。」と、言ってくれたけど、

その言葉に乗せられた感情は、「喜び」ではなく、「嫉妬」でした。

そのとき、あなたは、相手の表情や声のトーン、そこにある空気から、

相手が、喜んでくれたのではないと気が付きます。

たしかに、「よかったね」と言ってくれたけど、本当は違うと感じてしまうのです。

一緒に喜んでほしかったのに、喜んでくれなかった。

つまり、相手は、「嫉妬」という不快感情をあなたに送ってしまい、

また、あなたは、相手の「嫉妬」という不快感情を、受け取ってしまったわけです。

これは、お互いにとって、非常にストレスとなります。

人は、言葉だけを受け取るのではありません。

むしろ、言葉に乗せられたその人の感情を受け取るのです。


人は、ほんの些細なことから、ネガティブな感情を生み出し、

それを誰かにぶつけてしまうのです。

ネガティブな感情をぶつけられた人は、

また、次のだれかにネガティブな感情をぶつけてしまうのです。

それはたいてい、自分より弱い立場のものです。

ちょっとした、感情の行き違いが、相手を無視する行動や、陥れる行動につながり、

これでもかと残忍な方法にエスカレートし、相手をいじめこなしていきます。

いじめられた側は、たまったものではありません。

自分に余裕がないときに、残忍な理不尽を次から次に受けます。

いじめに耐えられなくなると、自分をいじめた人間の不幸を願ったり、復讐したり、

自分の命を終わらせようとしたり、

まったく関係のない次の誰かに、感情の矛先が向いてしまったりします。

それは、いじめられる側にも、鬼心が芽生えるということです。

鬼心は、簡単に人から人へ伝染してしまいます。


いつもネガティブな感情を抱えていると、それが、大きなストレスとなり、

自分の心身が傷ついてしまいます。

自分で自分を傷つけている心の状態もまた、鬼心の一つなのです。



鬼心を捨て去りましょう。

鬼心をなくしましょう。

自分を傷つけないためにも。



では、どうやったら鬼心をなくすことができるのでしょうか?


それは、心に湧き起こる不快感情をうまく昇華させることです。


当たり前といえば、当たり前ですが。

実は、「キレやすい人」というのは、この不快感情を

上手に昇華できない人だといわれています。


次回、不快感情を上手に昇華する方法について、お話しさせていただきます。

「今すぐにでも、知りたい!」という方のために、トピックだけ、ご紹介します。

●安心・安全な環境で不快感情を吐き出す。

●不快感情を吐き出すことを許される。

●五感を通じて、不快感情を癒していく

などです。

どうぞ、お楽しみに♪



▼▼▼▼▼ ご登録は、こちらから ▼▼▼▼▼

http://www.my-powerspot.com/

または、

▼まぐまぐからの配信をご希望の方

http://www.mag2.com/m/0001269714.html

▼メルマ(melma!)からの配信をご希望のかた

http://www.melma.com/backnumber_189926/