☆★☆*…*…*心の悩みを軽くするお役立ち無料コンテンツ一覧へ*…*…*★☆★
> 生きる力を育むマイパワースポットバックナンバー > ナーバスにならないで

ナーバスにならないで

突然ですが、あなたが、ある人にメール送ったとします。

その後、その人から返信メールが届きました。

「わざわざ忙しい時間に、メールありがとう!」

あなたは、その返信メールを見たとき、相手からのどのような気持ちを受け取りますか?

いかがでしょう?

一つの解釈は、あなたが忙しい中、

わざわざ時間を作って相手にメールを送ったことへの、

相手からの「感謝の気持ち」と受け取れます。



もう一つの解釈は、ずばり、「嫌味」です。


「わざわざ、私が忙しいときに、メールなんか送ってくれちゃって、本当に迷惑だ」

という気持ちから、嫌味で「わざわざ忙しい時間に、メールありがとう!」と

メールを返信してきたと解釈する場合です。

あなたは、どう、受け取りましたか?

感謝のメールと受け取りましたか?

それとも、嫌味のメールと受け取りましたか?

感謝のメールと受け取れば、お互いに、気持ちが通じ合い良好な人間関係が

今後も続いていくことでしょう。

しかし、嫌味と受け取れば、相手に対して、嫌悪感や不快感を抱き、

その後の関係にヒビが入る可能性もあります。

立場を逆に考えれば、

あなたが、「感謝の気持ち」で、「わざわざ忙しい時間に、メールありがとう!」

と相手にメールを送ったとしても、

相手が、それを「嫌味」と受け取る場合があることを、どうか忘れないでください。

そう滅多にあることではありませんが、

実際に、そういう方がいらっしゃって、トラブルになったケースがあります。

どうして、善意や感謝が、相手に伝わらないのでしょうか?

あなたには、こういう経験がありますか?

なぜ、あの人いると、自分だけ損している気がするのか。

なぜ、あの人は私にだけ辛く当たるのか。

なぜ、あの人の言動がいちいち勘にさわるのか。

ものの見方、考え方、感じ方や生き方が、自分とはまったく違うのです。

そして、そういう相手は、誰にとっても存在するようです。



自分とは、ものの見方、考え方、感じ方や生き方がまったく違うタイプの人がいて、

それを忘れて、接すると痛い目にあうという、人間関係の相性があるようです。



同じように人と接していても、それがうれしいと感じる人、そうでない人、

自分の味方になってくれる人、敵対してしまう人、

共感してくれる人、批判してくる人、

あなたの身の回りにもきっといるでしょう。



だからこそ、「人に好かれたい」と思うことでしょう。

しかし、「人に好かれる」ことは、すべての人に好かれることを目指さなくていいのです。

言い方、声のトーン、表情、目線、態度、雰囲気・・・etc.

いろいろと考えられる限り、気配り、心配りをしても、どう心を尽くしても、

あなたに敵意を抱き、攻撃してくる人がいたら、

どうか、ナーバスにならないでください。

どうか、傷つかないでください。

あなたに敵意を抱き、攻撃してくる人より、

もっと、多くの人が、あなたに好意を抱いています。



すべてではありませんが、単に相性が悪いと思うだけで、

傷つかずにサラリとかわすことができるときもあります。

どうか、ナーバスにならないで!



▼▼▼▼▼ ご登録は、こちらから ▼▼▼▼▼

http://www.my-powerspot.com/

または、

▼まぐまぐからの配信をご希望の方

http://www.mag2.com/m/0001269714.html

▼メルマ(melma!)からの配信をご希望のかた

http://www.melma.com/backnumber_189926/